top of page

​ZEB

 弊社は公共事業において、都内各自治体における施設の基本計画、基本・実施設計業務の中で、施設のZEB化の各種検討業務を行って参りました。

 近年、公共事業の設計業務委託において、新築・改修ともにZEB化の検討を要請されることが増えてきており、今後の公共建築の設計業務においては必須の条件となっていくものと考えています。

 また民間の設計案件でも、事務所建築におけるZEB化の検討、共同住宅におけるZEHの検討が事例として出てきています。こうした社会情勢の変化に対応して、現在、弊社ではZEB認証取得に向けて準備を進めております。

【目標】

 2025年度に受注する設計・コンサルティング業務のうち、ZEBが占める割合を50%以上とすることを目標とします。

​【自社行動計画】

 2025年度の自社受注実績における50%以上をZEB建築物とする目標の達成に向け、以下を軸にZEBプランナー活動を行います。

  ① クライアントに対するZEB化の意義やメリットを説明しZEB化を推進します。

  ② ZEBに関連する補助金の資料・スケジュール作成を行い、申請業務を支援します。

  ③ 常に最新技術に関して知見を深め、更なる普及を目指した活動を推進します。

【2023年度ZEB受注実績】

 ZEB相談窓口はこちら

 

bottom of page